スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月8日 岩手のりんご「はるか」

昨年の写真です(^^ゞ

ここ数年、市場に出回っている岩手で生産されているりんご、「はるか」です。

基本的に有袋(袋をかけて栽培する)ですが
1本だけ袋がかけてなく若干赤い所があります。

このりんご「はるか」は黄色いりんごでも蜜が入りやすい珍しい品種だといいます。

2011_01_08_1.jpg

とはいっても蜜がたくさん入っていれば甘いかと思いきや
この蜜の正体は水分。

光合成で葉っぱからソルビトールという栄養分が実に運ばれ
りんごの実の細胞と結合して果糖になると甘くなり
全ての細胞が果糖になってもソルビトールが運ばれて
細胞と結合できず水分となって蜜のように見えるといいます。

なので、蜜は少しでも入っていれば甘いってことになるし
決して蜜の部分が際立って甘いということはないそうです。
逆に皮側のほうが糖度が高いといいます。

でも、見た目は蜜ががっちり入っていると甘そうにみえますね!

2011_01_08_2.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

cauhey2

Author:cauhey2
趣味は多彩ですがすべてが
中途半端!
かつてNikonF2を
使っていましたが
このカメラは現役引退で
デジカメを使って
中途半端な趣味の
一部を記録していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。